FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
弓の顛末
2012 / 01 / 16 ( Mon )
それは,昨年の年末,12/27のこと.
つくばセッションにて,出だしの1セットを弾き終わった後,弓の毛に松脂をコシコシとつけていた,その時.
「パリッ」
という音とともに,弓の先端部が割れてしまったのでした.

111227_bow.jpg

オー・マイ・ガーッ!!

こりゃ,大変,ということで,翌日,楽器屋さんに電話できいてみると,
「直るかもしれないけど,うちではできない」
といわれる.そのかわり弓を制作している職人がいるので,そこなら直るかも,という情報を教えてもらった.

というわけで,さっそく弓職人を訪れたのでした.
さすが,弓職人,
「問題なく直るよ.直すと以前より強くなるよ」
というなんとも頼もしいお言葉.

弓を預けて3週間ほど.ようやく弓が直ったというので取りに行ってきました.

120116_bow1.jpg

見事に直っております.

どれどれちょっと拡大.
120116_bow2.jpg

縦に溝をつくり,弓の素材とおなじフェルナンブコ材の小片を組み込み接着するようです.
まるで精巧な寄せ木細工のようです.
組み込んだ材は現時点で明るい色をしてますが,1年も経つとかなり黒くなるという.
ふつうの弓よりかっこいいデザインになりました.

先端部分もすこし削られて磨かれているので,以前より良い弓の造形になった気がします.
プロの仕事は素晴らしいです.
今回,「その道のプロ」というものについて改めて考えさせられました.自分もしっかりせねば(汗).

夜,取りに行ったので.今夜はまだ弾いていません.
弾いてみるのが楽しみであります.
23 : 21 : 00 | 今日は何の日? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<茨城のセッション告知 | ホーム | 1/14はフィンラガンライブ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fiddler.blog3.fc2.com/tb.php/626-3d5c0686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。