FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
結石顛末(その2)
2011 / 10 / 25 ( Tue )
前回10/14(金)のつづき

9:00頃,上司に連絡を入れる.もしかすると休むかも知れないと伝える.そうすると,上司もかつて尿管結石になったことがあるという.おお,ここにも仲間が,と思ったのだが,後々聞いてみると,急性の発作は無かったらしく,尿検査で引っかかり検査をしたら結石だったとのこと.腰は痛かったが激痛はなかったらしい.むむ,色々な症状があるようだ.

結局この日は,なんとなく腰に違和感があり,時々鈍い痛みを感じることはあるが,強烈な痛みに襲われることはなかった.ところで,処方された薬はウロカルンとチアトン,そして痛み止めの座薬,ボルタレンサポ50mg.尿をたくさん出すと良いと聞くので,水をがぶがぶとのむ.2リッターのペットボトルを一日一本のペース.薬の影響もあると思うが頻繁にトイレに行くこととなる.

10/15(土)
頻尿.夜も2回ほど目が覚める.朝食後,背中から腰の辺りが鈍く痛くなってくる.昨日は背中のあたりが主に痛かったが,今回は脇腹のあたりが痛い.どうやら石が少し降りてきたようだ.がまんできず痛み止めを使用.しばらくして痛みは治まる.この痛みが出てからというもの残尿感を覚えるようになる.その後大きな痛みは無し.

10/16(日)
やはり夜は頻尿で2回ほど目がさめる.この日も残尿感が続くが,腰や腹部の痛みはさほどない.

10/17(月)
8:00頃,再び茶色い尿がでる.排尿後,強い残尿感と下腹部に多少痛みを伴う.下腹部の痛みは,チクチクとした刺激.特に膀胱の出口辺りがチクチクとする.なんとも落ち着かない.もしかすると,膀胱まで石が降りてきたかな,と少し期待が膨らむ.しかしこの不快感なんとかしてくれ.

排尿の回数を増やすべく,ほうじ茶をたくさん飲む.10:45頃,排尿時,排尿の勢いが一瞬弱まったと思ったら,すぐに元通りの勢いに.おやっ,と思い便器の底を見ると,褐色の小さい粒が落ちてる.下腹部の不快感が解消している.残尿感も無し.やったー,石が出てきてくれた.ひとり小躍りして喜ぶ.便器の底の石は割りばしを使って,慎重に回収する.

石は出てきたが,まだ安心はできないと思い,次の排尿を待つ.12:30頃,排尿すると便器に茶色いものが浮いていた.割りばしですくってみると,血の塊のようだった.石はトゲトゲとしていたら尿管やら膀胱やらを傷付けたにちがいない.その後,石が出ることも無く,尿に血が混ざることも無かった.

そして,出てきた結石がこれ.

111017_stone.jpg

直径3mm程度.褐色がかった乳白色.板状および針状結晶の集合体となっている.分析してもらってはいないが,おそらくシュウ酸カルシウムではないかと医者は言っていた.こんな小さなものにあんなに苦しめられたんですな.

10/21(金)
予約をしていた診察を受ける.診察前に尿検査と腹部のレントゲン撮影.1週間前に撮ったCT画像もこのとき初めて見る.確かに石が詰まっていたのを確認する.石はもう残っておらず.腎臓にも石は出来ていないということで,しばらくは安心して過ごすことができそう.しかし,5年後の再発率が50%と言われ,また症状が出たら来て下さい,とのこと.正直,あの痛みは2度と味わいたくない.尿を一日2リットル以上出すと結石が出来にくいという研究結果はあるらしい.今後は水をたくさん飲むように心がけようと思った.


以上が,私の尿管結石の経過です.
どうやら,4日で出てきたというのは早い方みたいですね.
気になったのは,これまで私がお世話になった恩師,上司のうち,確認できた範囲ではなんと100%が尿管結石経験者ということです.それほど,尿管結石はメジャーな病気ということなんだろうけれど,うーむ,これには運命のようなものを感じてしまったのでした.
(終)
00 : 22 : 55 | 今日は何の日? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<昨夜は勝田セッションでした | ホーム | 結石顛末>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fiddler.blog3.fc2.com/tb.php/614-a2c14afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。